掲載:2010年11月18日

「ラクーン新聞」第10号、テーマは “食べ物の消化と吸収”

加圧トレーニングを効果的に行っていただくためのポイントや、加圧トレーニングをしていてふと気になる様々な疑問にお答えする「ラクーン新聞」。第10号は「食べ物の消化と吸収」です。

紅葉の季節になりましたね。今月は先日のラクーンスタッフの勉強会の内容をまとめました。私たちが普段食べている物が、どのように消化・吸収されているのかを詳しくお伝えしていきます☆

Q1,消化とは?

A,食べ物(栄養素)を体内に取り込みやすい形にまで分解すること。大きく分けると①噛み砕くこと、②胃液などの消化酵素のはたらき、③大腸での腸内細菌のはたらきによるものがあります。

Q2,吸収とは?

A,消化した食べ物が体内(細胞内)に取り込まれて、血液やリンパ液へ移送されること。

Q3,ヒトの消化器官はどうなっているか?

A,口から入った食べ物が排便されるまで24~72時間かかります。その過程は口腔→食道→胃→十二指腸→小腸→大腸→肛門となり、この長さを全部合わせると8~10mにもなります!

続きは下記PDFをご覧ください。

関連ページ